×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストーカー

Site map

メニュー

ストーカー

ストーカーとは

「ストーカー」とは、特定の者に対する『恋愛感情その他の好意』や『それが満たされなかったことに対する怨恨』により、相手やその関係者に、つきまとい等行為をすること、および、その行為をする人のことをいいます。

ストーカー事案の認知件数は、年々増加傾向にあります。

ストーカー認知件数


ストーカー事件のうち、動機の6割以上が『恋愛感情その他の好意』に基づくものとなっています。
妄想などの精神障害が原因となっているものは、全体の僅か0.5%に過ぎません。

被害者の性別は、おおよそ、女性が9割、男性が1割となっています。
男性からの相談については、強請や復縁目的であると思われて門前払いされる場合も多いと思われますが、圧倒的に女性の被害者が多いのは確かです。
被害者の年齢は、おおよそ、20代が35%、30代が29%、40代が17%、10代が9%程度となっています。
被害者と行為者の関係は、交際相手・元交際相手が、全体の半数以上となっており、元配偶者、元内縁、知人・友人、職場関係者などを含めると、80%以上が知っている人からの被害ということになります。面識なしは全体の5%程度で、極めて少数となっています。


「つきまとい等」とは

「つきまとい等」とは、ストーカー規制法に定める、下記の8種類の行為のことをいいます。
・1号 つきまとい・待ち伏せ等
・2号 監視していると告げる行為
・3号 面会・交際の要求
・4号 乱暴な言動
・5号 無言電話、または連続した電話やメール
・6号 汚物等の送付
・7号 名誉を害する行為
・8号 性的羞恥心を害する行為


ストーカー行為とは

「ストーカー行為」とは、同一の者に対し、つきまとい等を反復してすることをいいます。

●警察などによる対応の流れ


(1) 被害者が、警察署に、被害の相談や警告の申出を行う
(2) 警察署長等は、加害者に対して警告を行う
(3) 加害者が警告に違反した場合に、都道府県の公安委員会が加害者に対して、ストーカー行為の禁止命令を出す

●ストーカー行為に対する罰則
ストーカー行為をした者は、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます(法13条)。
上記の警告に違反した場合には6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます(法13条)。
禁止命令等に違反してストーカー行為をした者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます(法14条)。

ストーカー規制法13条違反(ストーカー行為・警告違反)については、親告罪となるため、被害者からの告訴が必要となります(法13条2項)。


●ストーカー行為・つきまとい等に対する対処方法


ストーカー行為やつきまとい等に対しては、以下の対処方法があります。


1. 法2条の「つきまとい等」に該当する行為があり、さらに反復して当該行為がなされるおそれがある場合には、警察署長に対して、警告の申出を行うことが出来ます。
2. 上記の他、加害者に対して、内容証明によって、刑事告訴等を行う旨の予告をすることが出来ます。
3. 法2条の「つきまとい等」うち、5号から8号に関する行為が反復された場合には「ストーカー行為」となり、直ちに刑事告訴することが可能です。
同条1号~4号については、反復のみならず、身体の安全、住居等の平穏又は行動の自由が著しく害させる不安を覚えさせるような方法により行われたこと場合に限られます(法2条2項)。